Books: 音楽と人 2022年1月号

 

B'zのFriends IIIを中心としたインタビューです。B'zにとって、フルレングス・アルバムに対してミニアルバムは、やりたいことをやってみる実験場のような位置付けです。ハードロック主体のB'zにとってミニアルバム「Friends」シリーズは、クラシックやAORの色合いを出したコンセプトアルバムです。

AORとは、和製英語(あまり欧米では流通していない日本独自の業界用語という意味)で、Adult Oriented Rockで、要するに「大人のロック」です。ロック・ポップを下地にしながらも、クラシック音楽やゴスペルのコーラスやハーモニーを取り入れたり、ジャズ・フュージョンの複雑なコードを使ったりと、ライブで盛り上がるようなハードなロックに対して、家でもゆったりと落ち着けるソフトなロックです。松本氏は、TOTOやシカゴ、エアプレイあたりのイメージをお持ちのようです。11/17に東京ガーデン・シアターで行われたライヴでは、開演前のBGMとして、ジノ・ヴァネリアース・ウィンド・アンド・ファイアーマイケル・フランクスが流れていたようです。

ちなみに、Album Oriented RockもAORと略されることもありますが、こちらはコンセプトのあるアルバムのことで、売れ線狙いのヒット曲を出すのではなく、アルバム全体の質を高めた作品です。要するに、玄人好みです。B'zのFriendsシリーズもコンセプトアルバムであり、ヒット曲は収録されていますが、いずれのAORにも当てはまると思います。

Friends Iでは、クラシックテイストが、Friends IIでは、AORテイストが強くなっています。インタビューを読む感じでは、12月8日に発売のFriends IIIは、AORテイストがより強まりそうな語り口調です。

稲葉氏は、Friendsシリーズを「自分の中の贖罪と後悔、そして、ちょっとの希望の歴史です」と振り返ります。12/8のFriends Liveでは、Live-Gymとは違った重みがあったと感じたそうです。インタビューでも言及されているように、冬に出すアルバムは、春や夏、あるいは海外などで制作を開始することもあり、季節感を合わせていくのも重要なようです。今回のアルバムは、ロスで制作していたため、オケだけ聴くと、あちらのカラッとした雰囲気になったようですが、歌詞に冬の季語が入っているので、OKになったようです。その意味からも、Friends IIよりもAORぽさが増しそうです。

そもそもは、松本氏が、映画『フレンズ〜ポールとミシェル』(1971年)を観たのがきかっけではじまったそうです。エルトン・ジョンが映画用のサントラとしては初めて手がけた作品です。

音楽と人という雑誌はたまに読むのですが、カタカナや英語が多い音楽業界にあって、文字が縦書きであるのが、なかなか読みにくいのも感じました。

Friends IIIの収録曲

01. harunohi
02. シーズンエンド
03. ミダレチル
04. Friends Ⅲ
05. Butterfly
06. こんな時だけあなたが恋しい
07. GROW&GLOW

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Shuji Kuroda (@lalakoora)

Books: シャーロットのおくりもの / E.B.ホワイト

 

河合隼雄さんがお薦めされていたので読みました。英語の原題は、Charlotte's Webです。主人公は、ブタのウィルバーと雌グモのシャーロットです。表紙に描かれている女の子が主人公かと思いきや、この子はファーン・エラブルという名前の納屋の娘です。序盤では主人公と言えるほどに重要な役割を担っており、ウィルバーの命の恩人です。ウィルバーの恩人という意味では、牧場の家畜はみんな命の恩人(人ではないけれど)です。

牧畜文化の欧米らしい物語だと思いました。食べるために育てる。美味しそうじゃないなら価値はないというのが、ファーンの両親や、牧場主たちの考え方です。日本では、食べるために牛や豚を飼うというのは、最近ではそれほど日常的ではないので、ペットとして飼うというイメージを持ってしまいます。といっても、スーパーでは肉は売られているのですが。日本の子どもたちにとっては現実社会とは違った環境ですが、すぐにその世界に入れるのも子どもの特権です。この物語の面白いところは、クライマックスが、納屋の娘ファーンの心の成長でもなく、子豚ウィルバーの命拾いでもなく、雌グモシャーロットの慈悲でもなく、命の花がぱっと開くのは、シャーロットの子どもや孫たちが毎年繁殖しているところです。春になると、卵からたくさん孵ります。その何気ない繰り返しが、最終盤で自然現象として描かれます。ウィルバーはその度に、シャーロットのことを思い出します。その様子が、心にじーんときます。ウィルバーに感情移入してこんな気持ちになるためには、やはり冒頭からのウィルバーを巡る周りの人や動物たちとの関係がなければ、唐突にはクモの繁殖だけではなかなか感動できないかもしれません。

テーマは、難しく言いますと、「死と再生」です。河合隼雄さんは、十牛図に通じるものがあると分析されており、第8図で何もないと思ったときに、何かが生じてくる。死の後に生がある。その意味で死というものをすごく考えさせる作品であると解説されています。

2006年には映画化もされています。

Music:  Smith/Kotzen (2021)

 

SMITH / KOTZEN [VINYL] [Analog]

SMITH / KOTZEN [VINYL] [Analog]

Amazon

 

アイアン・メイデンのギタリスト、エイドリアン・スミスと、元ポイズン、元MR. BIGのギタリスト、リッチー・コッツェンのコラボ。

ベースは、2人で分け合い、アイドリアンが7曲目ー9曲目まで。リッチーが1曲目ー6曲目まで。ドラムはリッチーが1曲目ー5曲目まで。6曲目「Solar Fire」では、アイアン・メイデンのニコ・マクブレインが、7曲目「You Don't Know Me」、8曲目「I Wanna Stay」、9曲目「'Til Tomorrow」ではリッチーのツアーバンドのタル・バーグマンがでドラムを担当しています。

リッチーは、レニー・クラヴィッツやスティーヴィ・サラスに代表されるファンキーなノリを、エイドリアンは、フリーやハンブル・パイに代表されるブリティッシュ・ロックのノリを持ち込んでいます。アメリカンとブリティッシュのいいところが絶妙に混ざり合っています。両者ともに技巧派で、音楽的にも懐の深いアーティストならではの融合と思います。痒いところに手が届くようなギターソロの絶妙なタイミングと、これぞと思わせるギターリフの応酬です。メタル、ハードロックバンドの経験のある二人だけに、ヘヴィさとスリリングさも失われていません。名曲というより、「名演」と呼ぶに相応しい曲ばかりです。伊藤政則氏は、このアルバムを絶賛しており、特にエイドリアンのギター・プレイについて、「フィッシングの間合いの取り方」だと表現しています。

ちなみに、LPには黒色と赤色盤があるようです。どちらも値段は変わらないようです。カラー・レコードは、昔は音質があまり良くないという印象が強く、マニアは避けていたそうですが、最近のレコードブームでは、モノとしてレコードをコレクションする人が増えて、初回限定のカラーレコードの方がよく売れるようです。

レコードの原料は、ポリ塩化ビニールが主剤となる合成樹脂で色は透明です。塩ビの素材は柔らかいので通常材質の強度を増すためにカーボンをいくらか混ぜます。透明な樹脂にカーボンを加える事によって、通常の黒盤となります。色が黒いと、表面の埃や傷などが見つけ易く手軽に扱えるたり、また売れ残りの廃棄盤を再生原料として再度使用可能なことから、業界のスタンダードでした。

音質は、一般的にカーボンの添加によって強度が増したレコード盤は、低域がタイトに聴こえこの辺りの感覚から黒盤の音質の方が良いと言われてきました。

そして透明な塩ビ樹脂に適切な顔料を混ぜて合わせる事によって製造されるのがカラー・レコードです。

カーボンが入っていないカラー・レコードの場合は、材質の強度の関係から黒盤と比べて音質がマイルドに聴こえるという人もいます。一概にカラー・レコードの音質が悪いというわけではなく、聴く人によって好みはわかれるということではないでしょうか。

個人的には、黒盤でヘヴィウェイトのずっしりしたものが、繊細で低音がしっかりしているような印象は持っています。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Shuji Kuroda (@lalakoora)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Shuji Kuroda (@lalakoora)

 

 

Study: カルタヘナ法

カルタヘナ法の研究二種告示については、適切な拡散防止措置として確認が行われたもの等を中心に見直しが行われ、令和3年2月15日に改正(同日施行)が行われています。

改正内容
・種名変更
・クラス未分類であったものを新たにクラスを設定
・既に記載のあった生物のクラス変更
・属単位に対象を拡大

また、「ゲノム編集技術の利用により得られた生物の取扱いについて」も知っておく必要があります。

 

参考:ライフサイエンスの広場
https://www.lifescience.mext.go.jp/files/pdf/n2279_01.pdf

環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室

https://www.biodic.go.jp/bch/cartagena/index.html

 

Music: B'z Showcase 2020 - 5 Eras 8820 - Day 1 (2021)

 

<収録内容>

01. だからその手を離して
02. BLOWIN'
03. 星降る夜に騒ごう
04. BE THERE
05. 太陽のKomachi Angel
06. Easy Come, Easy Go!
07. GIMME YOUR LOVE -不屈のLOVE DRIVER-
08. ALONE
09. あいかわらずなボクら
10. Baby, you’re my home
11. TONIGHT (Is The Night)
12. どうしても君を失いたくない
13. 恋心 (KOI-GOKORO)
14. 『快楽の部屋』
15. ZERO
16. RUN
17. 裸足の女神

Day 1を購入しました。好きな時期(Era)で、年齢がバレそうな気がします。4枚目のアルバムからB'zはほぼリアルタイムで聴いていたので、特に、4th「RISKY」、5th「IN THE LIFE」、6th「RUN」の収録曲については青春(思春期、中二病)真っ只中だったのもあり、曲を聴くだけで泣きそうになります。

こうやってライブで改めて聴くと、06. Easy Come, Easy Go!、07. GIMME YOUR LOVE -不屈のLOVE DRIVER-あたりのバンドの一体感からもやはり4th「RISKY」あたりからバンドとしてのノリであったり、自由度が爆発的に増したのがわかります。もちろんライヴで何度も演奏されてきたのもあるでしょうが、松本さんのギターと稲葉さんのボーカルの化学反応が激しいです。バンドとしては、ミニアルバムの「Bad Communication」の大ヒットで時代の先端に躍り出て、その4ヶ月後に発売された3rd「Break Through」ではギターの主張は強くなっていますが、ボーカルのスタイルは、1stと2ndの路線のキレイ目の歌い方でした。次のアルバム、4th「RISKY」で稲葉さんが自らの殻を打ち破った気がします。07. GIMME YOUR LOVE -不屈のLOVE DRIVER-の一部、アメリカのメタルバンドMotley Crueの「Live Wire」と一部似ているところもありますが、とにかくかっこいいのです。Motley Crueは、歌詞はザ・ロックという感じの内容ですが、ファッションが中性的ないしフェミニンなんです。男の代名詞(マスキュリン)のようなところから発生したロックですが、ミュージシャンやアーティストが秘める女性性については、熟考の価値がありそうです。社会的・文化的な性別(ジェンダー)としてロック音楽はしばしば社会に大きな影響を与えてきました。いわばペルソナの側面です。その一方で、アニマ・アニムスの観点からみたロック音楽も、なかなか面白そうです。

4th「RISKY」の前兆として、その5ヶ月ほど前に発売されたミニアルバム「Wicked Beat」という全詞英語のミニアルバムがあります。このあたりで、もう羽目を外して、膿を出すかのようにボーカルが突っ走ったのが功を奏したのかもしれません。それにしても、全詞英語なんてとんでもない能力を秘めた方です。

5th「In The Life」収録の11. TONIGHT (Is The Night)は、鈴木雅之が歌っても不自然じゃないアダルトロック風の曲ですが、稲葉さんによると「この歌を歌ってる時、山下達郎さんになりたいなと思ってました」ということで、「クリスマスをイメージして作詞した」らしく、クリスマスへの憧れを託したとのことです。09. あいかわらずなボクらは、Beginが歌っても良さそうとずっと思っていました。アットホームな雰囲気は、人気曲「Home」という名曲に引き継がれたように思います。『快楽の部屋』は、これぞロックという曲で、X Japan「紅」を演奏する際の曲紹介のときに、「くれないだー!」と叫ぶところを、B'zの場合は、松本さんのエレキが、ギャンギャンとイントロから叫びまくる曲です。

ミニアルバム「Friends」収録の12. どうしても君を失いたくないは、インストとしてムージックステーションのエンディングで流れていましたが、今回このライブで聴けてよかったです。といいますか、これが目当てでした。

どうか強く手をとりあおう つらい時は泣けばいい

いつか一緒に海に行こう 波の音を聞きたい

の歌詞のところ、いつもうるっときます。「Friends」というアルバムはコンセプトアルバムで、冬、過去、恋愛、失恋、喪失、未練、友情、未来といったキーワードを想起させ、人間同士の繊細な心模様を描いたものです。言葉にならない心の奥底を描くかのように、海辺の砂浜風景が微細なタッチで描かれます。

6th「Run」収録の15. ZERO、16. RUNは、ライブでも定番曲で、間違いなく盛り上がります。この2曲は双子のような曲で、「原点に還ろう」「一度気持ちをリセットして再スタートしよう」と自分に言い聞かせているように聞こえます。ときには振り返りも大切です。

ネガティブな感情を男臭いロックに乗せて歌うところB'zの最大の魅力です。ナヨナヨ、グジグジ、シクシクといった頼りない歌詞ですが、恥ずかしげもなく披露してくれます。弱さを惜しげもなく表現するのが、本当の強さかもしれません。内面に秘める男性性のイメージかもしれません。

一方で、歌詞から描かれているのが男か女かと性別を特定するのは難しいですが、女性目線だなと思う曲、あるいは男から見た女性を描いた歌詞は、力強いです。例えば、「ALONE」、「太陽のKomachi Angel」、「LADY NAVIGATION」、「GIMME YOUR LOVE」、「裸足の女神」あたりは、芯の強い女性が歌われているように思います。男性が内面に秘める女性性が強いのかもしれません。

参考:音源発売時期

アルバム
1st    1988年9月21日    B'z    
2nd    1989年5月21日    OFF THE LOCK    
3rd    1990年2月21日    BREAK THROUGH    
4th    1990年11月7日    RISKY     
5th    1991年11月27日    IN THE LIFE    
6th    1992年10月28日    RUN    

 

ミニアルバム
1st    1989年10月21日    BAD COMMUNICATION    
2nd    1990年6月21日    WICKED BEAT   
3rd    1991年5月29日    MARS    
4th    1992年12月9日    FRIENDS    

シングル
1st    1988年9月21日    だからその手を離して   
2nd    1989年5月21日    君の中で踊りたい    
3rd    1990年2月21日    LADY-GO-ROUND    
4th    1990年5月25日    BE THERE    
5th    1990年6月13日    太陽のKomachi Angel    
6th    1990年10月3日    Easy Come, Easy Go!    
7th    1990年10月24日    愛しい人よGood Night...    
8th    1991年3月27日    LADY NAVIGATION    
9th    1991年10月30日    ALONE    
10th    1992年5月27日    BLOWIN'    
11th    1992年10月7日    ZERO    
12th    1993年3月17日    愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない    
13th    1993年6月2日    裸足の女神

 

Books: アンパンマン大図鑑プラス公式キャラクターブック

 

アンパンマン図鑑を読む機会が多いです。大人目線で少し考えてみたいと思います。特にバンキンマンの特徴についてみてみたいです。

・変装が得意であり、物語中でも終盤まで気がつかれない。

・美味しいものが好き。自分では作らず、他人の作ったものを横取りする。

・(自称)発明の天才。

以上のような特徴があります。これらは、バイキン(菌・細菌などの微生物)の特徴をよく表していると思います。

変装が得意なのは、カビや細菌の微生物というのは、人間の生活と隣合わせで存在しており、隙があれば食べ物や人体・動物の体に侵入してくることを表しています。

次に、美味しいものが好きというのは、甘い食べ物、新鮮な野菜など、有機物は、腐敗や劣化の可能性からは逃れられず、いつでもバイキンマンに狙われているといえます。また、手を洗わない、歯磨きをしないと、バイキンマンが侵入して、悪さをすることも示しています。

最後に、発明の天才についてですが、これはあくまで自称発明の天才なのですが、メカのバリエーションの多さは図鑑を見て驚きました。バイキンマンの変装のパターン、彼らの仲間、発明品は別冊になっているほどです。実は発明の天才は、もう一人います。それはジャムおじさんです。個人的には、パンに塗るJam(ジャム)とバイキンを表すGerm(ジャーム)の音が近いことから、二人は表裏一体で、ジャムおじさんバイキンマンを生み出したのではと疑っています。

二人の大きな違いは、ジャムおじさんは、手ごねで生地をこね、直火の釜で時間をかけて焼きます。それに対して、バイキンマン機械的に瞬時に作るところです。この対比からは、ジャムおじさんのパン作りは、有機的で愛情のこもったパンが出来上がり、バイキンマンの城では、無機質に機械を組み立てたり、わがままなドキンちゃんの無理な要求を叶えるためにがんばっているような印象があります。やはり愛情のこもった食べ物の方が、みんな喜んでくれるんだよというメッセージとして受け止められます。性能の高いメカでも、使い方を誤ると、結果、作った人だけでなく周りの人々を困らせます。近現代の文明を皮肉っているかのようです。

バイキンマンは物語の終盤で必ず退治されてしまうのですが、アンキックやアンパンチでかなたに飛ばされてしまいます。一見、暴力的で、子どもの教育に悪いのではと思われることもありますが、子どもはそうはみていないようで、むしろバイキンマンが人気があります。バイキンマンの愛用するマシーンのダダンダンなどメカも人気があります。思ったままに行動するところが、子どもには受け入れられるのかもしれません。ダダンダンの動きも、小さな子の動作にも似てなくもないです。

美味しくて、焼きたてのアンパンマンの顔、そしてアンキックやアンパンチは、子どもたちの丈夫な体を象徴しているのかもしれません。でも、バイキンマンのいない物語は面白くないと思います。いつでもバイキンマンがいるから、手洗い、うがい、歯磨きしましょうと、保護者も教えやすいと思います。

微生物(乳酸菌、麹菌、酵母など)のはたらきによって食物が変化し、人間にとって有益に作用することを発酵といい、反対に、有害な場合は腐敗と呼ばれます。微生物のおかげで、発酵は食物のおいしさや栄養価、保存性を高めるだけでなく、腸内環境の改善や抗酸化作用など、健康効果をもたらしています。

バイキンマンを安易に憎まない子どもたちの姿をみると、大人よりもよくわかっているのかもと思います。心が純粋なのは何事にも代え難いことです。